2007年11月03日

「たからもの」

絵・文/杉田豊さんの絵本「たからもの」
残念ながらすでに絶版になっているようです…。
このカテゴリ(神楽月のお気に入り)の一番手を何にしようかと考えていましたが、これしかないなと(笑)。
実はサークル→サイト名はこの作品から得たものです。

幼い頃に読んだ本で、多分今でも実家にあると思うのですが…。
とにかくお気に入りでした。
深い色合いの静かで優しい絵の中に、鮮やかな青い石が不思議な魅力を放っていました。

うろ覚えですが、あらすじ…。

うさぎのぱむ(パム?)は、川で綺麗な青い石を見つけました。
毎日のように川へ行き、青い石を拾い集めるようになりました。
また、とても素敵なそのたからものを誰にも渡したくないと思いました。
友達の動物たちともすっかりあそばなくなったぱむは、ある日友達がなにやら素敵なものを見つけた話をしているのを聞きました。
大事なたからものをとられてしまうと思い、大急ぎで川へ走ったぱむは、谷へ落ちて大怪我をしてしまいます。
怪我をしたぱむの家にはたくさんの友達が心を込めてお見舞いに来てくれました。
ぱむは、大切な青い石をみんなにひとつずつあげることにしました。
ぱむの宝箱はからっぽになってしまいましたが、友達というたからものに囲まれてぱむは幸せでした…。

というお話だったと思います。
最後のワンカットは、宝箱に友達みんなが入った絵…思い出しても素敵ですぴかぴか(新しい)
青い石は、絵の中でまあるく描かれていました。
それが綺麗な青いビー玉のようだったのがとても印象に残っていて、あるとき「あおいびぃだま」というサークル名を思いついたのでしたー。
そしていまだにこの名前を使い続けているのですー。

絶版かぁ…。
すっごい良作なのにもったいないなぁ…。
どこかで見かけたらぜひぜひ読んでみてください!
図書館にならあるいは…?
【関連する記事】
posted by 神楽月美宇 at 16:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 神楽月のお気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「たからもの」
以前にも、何かの際に言われていたような・・・気がするのですが
「たからもの」

「深い色合いの静かで優しい絵の中に、鮮やかな青い石が不思議な魅力を放っていました」

わぁ〜♪

お話。とても暖かな気持ちになりました(^^)

パムは青い石よりも、
もっと大切なものを見つけられたのですね
Posted by さちこ at 2007年11月03日 21:28
 ぱむの独り占めをしたい気持も判るし、
 怪我をしたぱむを心配して集まって
 くれた仲間に「たからもの」だった
 青い石をあげようと思った心境の変化も
 判るし・・・。

 自分はどちらかというと自己中な部類に
 入ると思うので、いろいろと考えさせ
 られるお話ですね・・・。

 人は独りで生きている訳ではなくて
 人との繋がりの中で生きている訳で・・
 それを理解しているのであれば、
 もうちょっと、人とのつながりは
 大事にしなくちゃな・・・と
 自分を戒める次第です・・・。
Posted by OZ☆ at 2007年11月05日 23:10
いやー(汗)。
わたしのうろ覚えのあらすじよりも、実物をぜひご覧ただきたいですっ…!
再販しないかなー。
Posted by みう at 2007年11月11日 15:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。